今年、カブトムシ成虫・クワガタ成虫の飼育を始めよう!
とお考えの皆様に飼育用品を分かりやすくご紹介します。


飼育ケースの選び方

『ワイドビュー ブラック』

天窓は大きくクリア、前面は緩やかなカーブした曲面フォルムで観察しやすい人気の高い飼育ケース。
ケースの中身は広く、昆虫たちの成長の様子や飼育環境の整備をしっかり行えます。 昆虫採集、幼虫から成虫飼育など場面に応じたサイズは6種類!

『いきものたちの楽園』

虫同士のケンカ防止にセパレートがついた飼育ケース。
カブトムシ成虫のオスにはトガったツノがあり、クワガタ成虫のメスには強力なアゴがあり、昆虫の仲間をキズつけてしまうことがあります。 1匹1匹分けて飼育することで危険を回避することができます。


飼育ケース 一覧

基本的なマット

『バイオ育成カブト虫マット』

カブトムシの幼虫から成虫まで使用できる広葉樹100%の高品質マット。2次醗酵させトレハロース・アミノ酸・プロテイン配合。
マットは、汚れや臭いが目立ってくる2週間を目安に交換しましょう。

『バイオ育成クワガタ虫マット』

クワガタの幼虫から成虫まで使用でき、原料はクヌギ・ナラを使用した高品質マット。菌糸で腐木化させ細かく粉砕し1次発酵させました。 マットは、汚れや臭いが目立ってくる2週間を目安に交換しましょう。


マット 一覧

保湿対策

カブトムシ、クワガタは、乾燥がとても苦手です。
湿度が不足すると関節が切れたり、死んでしまったりします。
毎日、水分がある状況を保つため保湿対策を行ってください。

『消臭バイオ水分補給スプレー』
マットの保湿や飼育時に発生するイヤな臭いに!

『消臭バイオウォーター』
昆虫好むといわれるライラックフレーバー配合

『木の葉のおふとん』
マットの水分蒸発を防いだり成虫の休憩場所に!


ハエよけ・保湿 一覧

昆虫が転倒した時の安全対策

『昆虫のくつろ木』

『スーパーくち木』

『昆虫のくつろぎ小枝』


飼育材・のぼり木 一覧




カブトムシとクワガタのエサ

『ナチュラルセレクション』
昆虫の嗜好性と自然界の食事を徹底追求
独自開発の“ジュエキフレーバー”を添加した昆虫ゼリー


エサ 一覧

カブトムシ・クワガタ成虫の飼育で注意したいこと

■直射日光が当たらないように
■30℃を超す場所に置かないように
■乾燥しないように

ぜひ!カブトムシ・クワガタ幼虫の飼育にもチャレンジしてみてください!